CSR/社会貢献

トポスのダイバーシティ

性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価値観などの多様性を受け入れ、
広く人材を活用し、トポスで長く働ける職場を作り上げていくことを目標としています。

取り組み項目

トポスのダイバーシティへの取り組みは、育児・介護・休暇・教育・女性活躍推進・障碍者雇用など。

育児休暇取得従業員インタビュー

トポスエンタープライズは、従業員が様々なライフイベントがあっても働き続けられる環境が整っています。
今回、三人目のお子さんの出産を控え、産休・育休を取得することになった従業員にインタビューを行いました。

Q.業務内容を教えてください。

商品部の事務業務(受発注業務・売上請求処理・仕入請求処理)を行っています。

Q.三人目のお子さんの妊娠が分かった時、どの様なお気持ちでしたか。

三人の子供を育てられるか不安はありましたが、嬉しかったです。
子育ての為に仕事を辞めることは考えませんでした。

Q.産休・育休を取得するにあたり、職場のサポートや配慮はありましたか。

妊娠している事が判明してからは、重い荷物を持たないで済むよう助けてくれたり、悪阻で体調が悪いときは休ませてもらったり、引け目を感じる事が無いようにサポートしてもらい、無理なく働くことが出来ています。

Q.仕事と子育てを両立するために、意識している事、工夫している事はありますか。

育児や家事を自分一人で全てやろうと思わず、夫や親の協力があって、両立が出来ていると思います。
夫は率先して協力してくれるので、助かっています。

Q.トポスには子育てをしながら働き続けられる環境がありますか。

職場に妊娠を伝えた際に人事部の方と面談を行い、制度や必要な書類、一連の流れを説明して頂いたので、安心して仕事を続けられることが出来ました。
また、上の二人の子供がまだ小さいので、体調不良で保育園に預けられず、遅刻・早退・欠勤することが多く職場に迷惑を掛けてしまっていますが、理解して下さる上司や同僚に恵まれ働き続けられていると思います。
理解して下さる上司や同僚に恵まれ働き続けられていると思います。
商品部 前田 綾乃

Q.復職した後の目標はありますか。

子供が三人になり、今よりもっと大変になると思いますが、仕事も子育ても楽しみながら、両立出来たらと思います。

Q.今後、妊娠・出産を経て、子育てをしながら働き続けたいと思っている方にアドバイスをお願いします。

働き方改革や、女性の社会進出が進み、社会的には女性が結婚・出産しても働き続けられる環境が整いつつあるとはいえ、 周りにローモデルがいなくて戸惑ったりすることはまだまだあると思います。 私も三人目ですが、日々試行錯誤しています。仕事と育児や家事の両立は大変ですが、家族や職場の人に助けてもらい、手探りながらも楽しみながら、私自身も成長していきたいと思っています。
仕事と育児や家事の両立は大変ですが、家族や職場の人に助けてもらい、手探りながらも楽しみながら、私自身も成長していきたいと思っています。

障がい者の活躍

トポスエンタープライズは、障がい者の自立支援をサポートする為に千葉県船橋市と千葉市若葉区にビニルハウス農園「とぽすふぁ~む」を運営しています。
収穫された農作物は従業員へ販売し、売上は千葉県内の社会福祉施設に寄付をしています。
今後も働きやすい職場環境に取り組み、ノーマライゼーションの実現を目指しています。

※ ノーマライゼーションとは:障がいのある人もない人も社会の一員として、お互いを尊重し、支え合いながら、平等に生活する社会を実現させるという理念

とぽすふぁ~む
収穫された農作物は従業員へ販売し、売上は千葉県内の社会福祉施設に寄付をしています
障がい者の自立支援をサポート
CLICK! CLICK! 会員様募集中!